2006年12月17日

富裕層向けの雑誌

富裕層の方々はどんな雑誌を読んでいるんでしょうか?
代表的な富裕層向けの雑誌を調べてみました。

誰でも手には入るのは、「SEVENSEAS」と「SEVEN HILLS」です。
年間購読ですが、月2000円程度で手に入ります。
一度購読されて、富裕層気分を見つかるかもしれませんよ。


「SEVENSEAS」
出版元  株式会社 インターナショナル・ラグジュアリー・メディア
発行日  月刊20日
発行部数 4万部
参考   年間購読料24,000円(税込、送料込み)
読者の家族は『セブンシーズクラブ』のメンバーとなりイベントに参加できる
http://www.ilm-tokyo.co.jp/SevenSeas/overview.html

「SEVEN HILLS」
出版元  株式会社イー・マーケティング
発行日  月刊25日
発行部数 5万部
備考   年間購読料22,680円(税込、送料込み)
金融資産1億円以上の資産家のマネーカルチャー&ライフスタイル雑誌
http://www.7hills.ne.jp/magazine/index.html

「Nile's Nile」(ナイル)
出版元  株式会社 ナイルスコミュニケーションズ
発行日  月刊25日
発行部数 5万部
備考  年収2000万円以上 個人へ直送
https://www.nileport.com/

「VACATION」
出版元  クリエイティブス・ タンク
発行日  月刊25日
発行部数 6万部
備考  納税額1500万円以上の個人へ直送
URLなし?

posted by Mr.U at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティングデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月07日

富裕層の1%が、世界の個人資産の40%を持っている。

国連大学世界開発経済研究所(本部・ヘルシンキ)が、国際機関や各国の統計を使っての調査した結果、

世界の成人人口のうち
最も豊かな層に属する上位1%が個人総資産の40%を保有し、
下位50%が保有する資産は全体の1%にとどまることを
報告書にまとめ発表しました。

「上位1%」に属する人々は、米国(37%)、日本(27%)、
英国(6%)、フランス(5%)、イタリア、ドイツ(各4%)、
カナダ、オランダ(各2%)などに居住しており、
日米だけで3分の2近くを占めることになった。

 報告書によると、世界の個人総資産は125兆ドル(約1京4368兆円)で、世界の国内総生産(GDP)合計の約3倍となった。

上位10%の富裕層は個人資産の85%を保有していた。

 格差を示す指標「ジニ係数」で個人資産の偏在ぶりを数値化すると、米国は約0・8、英国やフランスは約0・7だったのに対し、日本は約0・5と世界平均や米国などと比べて格差が小さかった。

【ニューヨーク 5日共同通信】
posted by Mr.U at 04:50| Comment(0) | TrackBack(0) | マーケティングデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富裕層は資産いくら持ってるの?

富裕層とはどんな人?

一般には、年収で3000万円以上とか、
金融資産で1億円以上持てる人といわれていますが・・。

仮に、金融資産で1億円以上持つ人を定義すると、日本には約140万人の富裕層が存在することになるそうです。(メリルリンチ調べ)

 日本の人口が1億2800万人なので、100人に1人(人口の約1%)が富裕層と言うことになります。

http://www.stat.go.jp/data/jinsui/tsuki/index.htm


この、富裕層の比率は、アメリカに次いで第2位だそうです。
日本は豊な国なんだ!

それにしても、100人に1人って、結構いるんですね富裕層!
回りを見てるとそんな気はしないんだけど?

ここで、注意しなければいけないのは、金融資産1億円といっても、富裕層にも2種類あるということ。

使えるお金がある富裕層と、使えるお金がない富裕層。

金融資産が1億円あっても、定期で持っていたり、株で持っていたり、なかには、コツコツ貯めて、退職金でやっと1億になったけど、これから先、収入がないと言う人もいる。

野村総研では、個人の純金融資産の分布を資産規模に応じて、
超富裕層(資産5億円以上)               約5.2万世帯
富裕層(1億円以上〜5億円未満)           約81.3万世帯
準富裕層(5000万円以上〜1億円未満)      約280.4万世帯
アッパーマス層(3000万円以上〜5000万円未満)約701.9万世帯
マス層(3000万円未満)            約3831.5万世帯
に分類している。

その、野村総合研究所がまとめた国内の純金融資産の保有分布状況調査によると、2005年時点で
1億円以上〜5億円未満の金融資産を持つ富裕層市場は、総資産規模は167兆円に達し、03年と比べると、約9万世帯、資産規模で42兆円増加していた。
富裕層は、しっかり儲けているわけですね。


ちなみに、富裕層の保有資産の構成内容をみると、株式・債券、外貨、投資信託などのリスク性資産が67%で、預貯金が34%になっているそうだ。
準富裕層と比較すると、当然、リスク性資産の保有率が高いわけだ。
富裕層は、お金を預けるのでなく、投資していることがよくわかります。
posted by Mr.U at 04:17| Comment(3) | TrackBack(0) | マーケティングデータ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。